映画感想

映画、Fukushima50(フクシマフィフティ)を観ましたよ。

2020年4月18日

https://www.fukushima50.jp/

映画、Fukushima50(フクシマフィフティ)を観ましたので感想を残しときます。新型コロナで映画館で観ることができないなか、期間限定でデジタル配信をされていたので、レンタルしてPS4VRを装着して映画のスクリーンと同じような環境にできるだけ近づけてみました。

あの小泉純一郎さんが原子力発電所推進から一転して反対に変わったのか自分はこの映画を観てよくわかりました。

3.11(東北大震災)が起きた時に現場で食い止めた人々達のことを思うと何も言えない、現場と東京の温度差なども感じることが少なからず映画を通して出来た思います。そして南海トラフ巨大地震が発生した場合、同じようなことがどこかの県で起きないとは言えないのに、懲りずもせずに原発稼働という動きが出ていることが、いまの日本の現状に有ると思います。

そんな推進している人達に特に観てもらいたい映画だと感じました。本当に慢心するべからずです。自然を軽視していたら駄目です、この狭い日本の国に数ある原子力発電所を稼働ゼロにし、クリーンエネルギーへシフトするべきだと強く思います。

最後にとても意味のある映画だと感じました。

尚、上記で書いた通り、現在有料オンライン配信を行っています、下記のサービスで映画を見ることが出来ます。是非。

ちなみに自分はアマゾンプライムで視聴しました。